以外と皆やっていた、脱毛

datumo100

私が脱毛サロンに通うようになったきっかけは、友人との会話でした。
同じ年代の友人数名とのおしゃべりでむだ毛の話題になったとき、一人が「私はワキと脚だけやってる~」とさらりと言いました。
するとそれに続いて、「私はVライン」「私は全身脱毛」と他の友人達も口々に脱毛部位を告白しはじめたのです。

その当時、私は「むだ毛にお金をかけるなんて・・・」とやや冷めた目線で脱毛サロンの広告を見ていたため、
多くの友人が脱毛サロンに通っていることを知り衝撃を受けたことを覚えています。

彼女たちの話には「手入れが楽になった」「安くで通える」「効果は持続している」など実際のメリットも多く含まれていたため脱毛することに興味がわき、
サロンの広告もチェックするようになりました。

私が脱毛デビューのサロンとして選んだのは、エピレでした。

その理由は、当時私が脱毛したいと思っていた部分である脚(ひざ下)の初回利用割引がエピレ以外のサロンでは見つからなかったからです。
ただ、お試しだから安いほうがいい、と考えてサロンへ足を運んだのですが、結局その日(初回の脱毛当日)に
「1回じゃ効果は分かりづらいですよ。次回の予約はいつにしますか?」とやや強めにコース購入を勧められ、効果も分からないままに結局契約してしまいました。
確かに1回分は安くなるけれど2回目以降は通常料金となるので、総合してみると必ずしもお得、とは言えないのかもしれません。

経済面からサロンを選ぶのであれば、大きく表示されている「初回料金」だけに注目せず、「通常料金」もチェックしたうえで決めたほうがいい(納得できる)のだと学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です